ドッグフードを見直すにはグレインフリーのものから

 

グレインフリーのドッグフードとは

最近、ドッグフードを選ぶとき、グレインフリーという言葉をよく目にするようになってきました。グレインフリーとは、トウモロコシや小麦、米などの穀物全般を、完全不使用という意味で、穀物類を多く摂りすぎるとアレルギー体質になったり、太る、消化不良を起こすなど、さまざまな害をもたらすことがあるため、完全不使用のドッグフードが注目を集めています。

穀物類は、体内で分解されると、砂糖と同じように糖質になります。糖質を大量に摂取すると、血糖値が上昇して、インスリンが分泌され太りやすくなってしまいます。

 

フードの見直しが大切

ダックスフンドやチワワなどの犬種は、小麦アレルギーを起こしやすいといわれていますから、ドッグフード選びは慎重に行う必要があります。人間の場合、穀物を食べると、唾液中のアミラーゼによって穀物を口の中である程度分解することができますが、犬は、唾液の中にアミラーゼを多く持っていないため、穀物すべてを消化することはできません。

消化されないまま十二指腸まで到達してしまい、胃や腸へ負担をかけてしまいます。グレインフリーのフードは、アレルギーになるリスクも少なく、効率良く消化することができますから、現在のフードを見直すことを検討してみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *