失敗したくない!仔犬の離乳食からドッグフードへの上手な切り替え方とタイミング

 

獣医が切り替え方を教えてくれることがある

動物病院の獣医は子犬の定期健診の際に、離乳食からドッグフードへの切り替え方を教えてくれることがありますね。タイミングは歯が大人の歯になってきた辺りが無難ですが、犬を飼い始めた人には判断しにくいので、獣医に効くのが楽な方法かもしれないですね。

質問をしたい時は定期健診を終えて、席を離れる直前辺りが好機です。知識と経験が豊富なことから、離乳食を与える時期からドッグフードを開始する時期など、色々なことを話してくれます。勉強になると感じた際は、メモ帳に書いておいて家に帰ってからそれを読むといいですね。

 

餌の切り替えは簡単にいかない

タイミング的に離乳食から変化させる頃合いだとしても、ドッグフードは硬い餌なので、食べにくいと感じることがありますね。顎を上手く使って食べてきた経験が少ないのも要因です。離乳食に少しずつドッグフードを加えて行くと対策に効果的ですね。犬が嚙んで食べることを覚えてくれるきっかけになるので、少しずつドッグフードを増やしていけば、離乳食からの切り替えを終わらせることができます。

歯がまだ全て大人用に生え揃っていない時は、温めのお湯を加えて、柔らかい状態にしてから与えていきましょう。歯が揃ったら、加えるお湯の量を減らしていくと慣れてくれますね。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *