犬種別のドッグフードの違いは何か?

 

特徴に合ったドッグフードになっている

犬によってそれぞれ特徴があります。ダックスフンドやウェルシュコーギーなどは胴が非常に長いです。胴が長いと足腰に負担がかかってしまいます。そのため足腰が早く弱ってしまう可能性が高いです。胴の長い犬専用のドッグフードは足腰の問題を解消する成分が含まれています。

成分は2つあり、グルコサミンとコンドロイチンです。人間にも有効な成分ですが犬にも有効で、関節を強化してくれる効果があります。また、胴が長い犬種だけでなく太り気味の犬も足腰に負担がかかってしまいます。そのような場合でもグルコサミンやコンドロイチンは有効な成分です。

 

ドッグフードはどちらがおすすめか

全犬種用ドッグフードと犬種別ドッグフードで悩まれる方も多いと思います。基本的には全犬種用で問題ありません。ビタミン、ミネラル、タンパク質など栄養素も含んでいます。ですが違いもあります。犬種別の方が高性能です。マイナスの部分を補う成分が含まれているためです。

必ずしも効果が期待できるわけではありませんが、成分がプラスされているだけで安心感が違ってきます。子犬用、成犬用、シニア犬用など年齢によって様々です。肥満防止のため、与える量にも気を付けてそれぞれに合ったものを選ぶ事をおすすめします。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *