Category Archives: Uncategorized

ドッグフードを見直すにはグレインフリーのものから

  グレインフリーのドッグフードとは 最近、ドッグフードを選ぶとき、グレインフリーという言葉をよく目にするようになってきました。グレインフリーとは、トウモロコシや小麦、米などの穀物全般を、完全不使用という意味で、穀物類を多く摂りすぎるとアレルギー体質になったり、太る、消化不良を起こすなど、さまざまな害をもたらすことがあるため、完全不使用のドッグフードが注目を集めています。 穀物類は、体内で分解されると、砂糖と同じように糖質になります。糖質を大量に摂取すると、血糖値が上昇して、インスリンが分泌され太りやすくなってしまいます。   フードの見直しが大切 ダックスフンドやチワワなどの犬種は、小麦アレルギーを起こしやすいといわれていますから、ドッグフード選びは慎重に行う必要があります。人間の場合、穀物を食べると、唾液中のアミラーゼによって穀物を口の中である程度分解することができますが、犬は、唾液の中にアミラーゼを多く持っていないため、穀物すべてを消化することはできません。 消化されないまま十二指腸まで到達してしまい、胃や腸へ負担をかけてしまいます。グレインフリーのフードは、アレルギーになるリスクも少なく、効率良く消化することができますから、現在のフードを見直すことを検討してみてはいかがでしょうか。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

失敗したくない!仔犬の離乳食からドッグフードへの上手な切り替え方とタイミング

  獣医が切り替え方を教えてくれることがある 動物病院の獣医は子犬の定期健診の際に、離乳食からドッグフードへの切り替え方を教えてくれることがありますね。タイミングは歯が大人の歯になってきた辺りが無難ですが、犬を飼い始めた人には判断しにくいので、獣医に効くのが楽な方法かもしれないですね。 質問をしたい時は定期健診を終えて、席を離れる直前辺りが好機です。知識と経験が豊富なことから、離乳食を与える時期からドッグフードを開始する時期など、色々なことを話してくれます。勉強になると感じた際は、メモ帳に書いておいて家に帰ってからそれを読むといいですね。   餌の切り替えは簡単にいかない タイミング的に離乳食から変化させる頃合いだとしても、ドッグフードは硬い餌なので、食べにくいと感じることがありますね。顎を上手く使って食べてきた経験が少ないのも要因です。離乳食に少しずつドッグフードを加えて行くと対策に効果的ですね。犬が嚙んで食べることを覚えてくれるきっかけになるので、少しずつドッグフードを増やしていけば、離乳食からの切り替えを終わらせることができます。 歯がまだ全て大人用に生え揃っていない時は、温めのお湯を加えて、柔らかい状態にしてから与えていきましょう。歯が揃ったら、加えるお湯の量を減らしていくと慣れてくれますね。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

愛犬の便秘解消のために…知っておきたいドッグフードの与え方

  愛犬の便秘解消法とは 愛犬が何回も力んでいる。ころころした硬いうんちが出る。食欲がない。嘔吐するなどの症状がある場合は、便秘の可能性があります。犬が便秘になる原因には、食事内容に問題がある場合があります。ドッグフードに穀類などの炭水化物が多く含まれている場合やおやつばかりあげていると、便秘になりやすくなってしまいます。 正しいフードの与え方は、良質なタンパク質を使用していて、添加物を使用していないもの、繊維分を適量含んでいるドッグフードを選ぶことが大切です。フードを変えても、改善しない場合には、ヨーグルトやオリーブオイル、オリゴ糖、キャベツなどが効果的です。   便秘を解消するための水分の与え方 犬が1日に必要とする水分量は、体重×0.05~0.07といわれています。尿量は環境によっても変わりますが、平均すると160ml程度となり、残りの水分は汗や便、そのほかの体の中の反応などに使用されます。水分の摂取量が少なくなると、便に排泄される水分量が減ってしまい、硬くなってしまいますから、できるだけ水分摂取量を増やすことが大切です。 なかなか水を飲まない場合には、缶詰などの水分量の多いフードを与えるなど、積極的に水分を摂らせる工夫が必要になってきます。また、体をしっかりと動かすことで、血液の循環が良くなり腸の運動も活発になりますから、適度な運動も大切です。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

犬種別のドッグフードの違いは何か?

  特徴に合ったドッグフードになっている 犬によってそれぞれ特徴があります。ダックスフンドやウェルシュコーギーなどは胴が非常に長いです。胴が長いと足腰に負担がかかってしまいます。そのため足腰が早く弱ってしまう可能性が高いです。胴の長い犬専用のドッグフードは足腰の問題を解消する成分が含まれています。 成分は2つあり、グルコサミンとコンドロイチンです。人間にも有効な成分ですが犬にも有効で、関節を強化してくれる効果があります。また、胴が長い犬種だけでなく太り気味の犬も足腰に負担がかかってしまいます。そのような場合でもグルコサミンやコンドロイチンは有効な成分です。   ドッグフードはどちらがおすすめか 全犬種用ドッグフードと犬種別ドッグフードで悩まれる方も多いと思います。基本的には全犬種用で問題ありません。ビタミン、ミネラル、タンパク質など栄養素も含んでいます。ですが違いもあります。犬種別の方が高性能です。マイナスの部分を補う成分が含まれているためです。 必ずしも効果が期待できるわけではありませんが、成分がプラスされているだけで安心感が違ってきます。子犬用、成犬用、シニア犬用など年齢によって様々です。肥満防止のため、与える量にも気を付けてそれぞれに合ったものを選ぶ事をおすすめします。

Posted in Uncategorized | Leave a comment